これから始める人向け!フェイスブック広告の現在地を解説

今主流のPPC広告というとフェイスブック広告もその一つですね。
ヤフーの規制が厳しくなっていこう結構な人数がフェイスブック広告に流れています。

そこで、今回はこのフェイスブック広告について強みや弱みなどその特徴と、狙いやすい案件の傾向など、
今現在のフェイスブック広告の到達点をお伝えしたいと思います。

 

フェイスブック広告はどこに配信される?

まず基本的なところですが、フェイスブック広告の配信先です。

 

・タイムライン
・メッセンジャー
・サイドバー(PCのみ)
・インスタグラム
・オーディエンスネットワーク

 

タイムラインやメッセンジャーはフェイスブックユーザーならわかりますよね。

サイドバーというのは

サイドバーFB

この赤枠で囲んだところ。
パソコンでフェイスブックを見たときに表示される部分ですね。

 

よく分かりづらいのはオーディエンスネットワーク。
これはフェイスブック広告の説明によると提携しているアプリなどみたいな記載があります。

要するにブラックボックスなんですよね。
なので、実際配信する場合は外す人も結構います。

 

フェイスブック広告ではいろんなノウハウがありますが、
よく言われるのは

 

「配信先はスマホのタイムラインのみ」

 

というやり方ですね。

実際スマホでフェイスブックを見る人がほとんどなのでこのやり方は利にかなってると思います。

実際タイムラインで取れない案件は他に出しても取れないかなって感じもありますし。

 

なので、とりあえずは「スマホのタイムラインのみ」配信ではじめて見るのがいいと思います。

フェイスブックの強みは?

・精度の高いユーザーデータに基づくCVの最適化
・基本フェイスブック広告任せにできるので作業量が少ない

 

この2つが特に強みだと思います。

ユーザーデータが濃いから最適化しやすい

フェイスブックはアカウント登録のとき電話番号や生年月日など個人情報を詳細に入れる必要があります。

また、基本的に1人1アカウントなんで、グーグルやヤフーのようにダミーアカウントも少ないです。

フェイスブック広告の配信もそういったユーザーデータに基づいて配信されるので、
狙ったユーザーに配信されやすいです。

 

そして、フェイスブック広告では基本的に単価を設定したりはしません。
CV,コンバージョンを最適化させる配信を行います。

アフィリエイトでいうCVは「アフィリリンククリック」

つまり、アフィリリンクをクリックしてくれやすい人にどんどん配信するように
最適化していくのがフェイスブック広告なんです。

そして、その最適化に基づくデータが正確なので、
他の広告に比べて最適化されやすいです。

 

予算、広告とLPの調整。やるのは基本これだけ

フェイスブック広告は基本おまかせでやるのがポイント。

実際は趣味や興味など色々設定できますが、
それをやるとうまくいかないことが多いです。

なので、設定しても年令や性別くらいで、
基本誰に配信するかはお任せでやるのがフェイスブック広告。

 

あとは先程お伝えした最適化で成果が出しやすいユーザーに
自動的に配信してくれます。

そのため、私達がやるべきことは

 

・予算の設定
・広告のテスト
・LPのテスト

 

これだけになるので他に比べると作業量が少ないです。

ヤフーの場合、おまかせというわけにはいきません。
配信結果を分析して興味関心で絞ったりと言う作業が必要になりますが、
そういった作業がいらないのがフェイスブックの強みですね。

 

フェイスブックの弱みは?

・CPCやCPAを手動で調整することが難しい
・サポート体制が微妙

これですね。

おまかせ配信の功罪?

フェイスブック広告はお伝えしたようにお任せして最適化が基本です。

そのため、「もうちょっと1クリックの単価を下げたい」
「CPAがもう少し下がれば」
と思っても、それは広告やLPを改善する以外方法がないんです。

ヤフーの場合入札単価で調整できますが、それができないのがフェイスブック広告。

まあ、これはフェイスブック広告の仕組み上仕方ないですね。
自分で入札単価をいじりたいという方には向いていないかもしれません。

電話サポートが基本ない!

ヤフーやグーグルだと電話サポートがあります。

ただ、フェイスブック広告の場合
こういったホットラインがありません。

 

あるのはチャットでの相談のみ。
まあ、リアルタイムなので電話とそんなに遜色はないかなと思います。

 

あと、チャットで対応してくれるサポートの方は
基本海外の方です。

 

たまに日本人の方が対応してくれますが、
8割くらいは海外の方ですね。

 

ただ、日本語で対応してくれますし、
日本語レベルもかなり高いので不安はあまりありません。

現状のフェイスブック広告、健食サプリは飽和状態???

そんなフェイスブック広告ですがどんな案件が狙い目なのか。

まずタイムラインでよく見かけるのは
ダイエット、化粧品、加圧シャツ・・・みたいな物販系がかなり多いです。

これは数年前からずっとですね。

 

じゃあ、これらの案件が良いのかですが、
正直ウンとはいいづらいです。

というのはこの手の案件、広告にTV番組みたいな動画を使ってたりと
広告にお金をかけてるものも結構あります。。。

また、フェイスブック広告の審査自体、物販系に結構厳しくなってます。
まあ、確かに「どう見ても薬事法違反」みたいなのいっぱいでてますからね^^;

私も他で数百件取れた案件をフェイスブックでやったら
めちゃくちゃ赤字だったというのが結構あります。

なので、最近はフェイスブック広告では物販系は殆どやってません。
どちらかというと資料請求や無料登録みたいなリード系が多いですね。

そっちのジャンルはまだ凝った広告もありません。

凝った動画を作る必要はなく、
フリー素材で引っ張ってきた画像で十分です。

これから始める人の参考になれば幸いです^^